★いちごいちえ★

いちごともっか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixiでこのこと知ったんだけど、この記事まず読んでみてください。
「こちらの記事」って赤文字クリックで読めます。


彼女には彼女の言い分があっての行為だとは思いますが、私はまったく理解できない。

「人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている」と言いながら、生まれた子猫を崖から投げ捨てる。
それは、自分で生き物の生に手出ししているとは言わないのか?

「私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。」崖から投げ捨てるだけで、子猫の最期も見届けずに、痛み悲しみを引き受けたきどりは納得できない。

「もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。」と思うなら、猫がその子供を育てたいと思うだろうことは考えないのか?

「愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。
獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。」こう思いながら、(彼女の解釈の中で)わがままを通し猫を飼ったのなら、避妊を受けさせるのは人間のわがままだと言う理屈だけを押し通すのはおかしいと思う。

大体、野良猫がわんさかいる地域で、自分の猫を放し飼いにする事によって、自分の猫が、猫エイズ・猫白血病にかかる危険性があり、よその猫にうつす可能性もある。
それが、生にはちょっかいを出すべきではないと言う事の答えなんだろうか?
だとしたら、生き物を飼うべきではないと思う。

この人、犬にも似たようなことしてる。
日本が貧しく、避妊・去勢を受けさせるお金も、生まれた子を養う余裕もない時代の話なら、私はその苦しい時代を知らないんだから意見は言えない。
でも、今、印税でタヒチに住めるほど余裕のある人がやった事ならほんとに何万歩譲っても納得できない。

これは、私の考えなので、自分が正論を言っているとも、全ての人が同意権だとも思ってません。
が、自分の中だけではおさめきれなくて、みんなにも読んで、何か感じてほしいと思いました。
スポンサーサイト
コメント
読んだよ!
なんかホント理解できなかったんだけど・・・。

こんな人だったなんて、ビックリした。ていうか何で殺す?何言ってるのかさっぱりわからなかったよ。
2006/08/23(水) 01:05:49 | URL | えりりん #-[ 編集]

えりりん。

本を書いて売れるには、他人とは違う感性とか必要なんだろうけど、こんな感性だったらいらないね。
2006/08/23(水) 21:16:27 | URL | tamami #ODhh62Kk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tamamin515.blog64.fc2.com/tb.php/152-1205b846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。