★いちごいちえ★

いちごともっか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱーくの件に関してのリンクは、事後承諾で問題ないです。
その時に、ご自分のHPも表記してくださるようお願いいたします。

お手伝いに来てくださる方は、常時募集中です。

メールで質問くださる前に、必ず読んでください。
パークへの質問のまとめ。
メールの件名に、お名前と簡単な用件を入れてくださるようお願いいたします。






昨日の件に関して、私の文章に誤解を招くような表現があった事、読者様に不快感を与えたこと、お詫び申し上げます。

ミュールの件に関しては、ただの例えです。
ぱーくには長靴を持参しています。
帰る時は、パーク内で長靴を洗い流し、靴の裏まで消毒して、袋に入れて帰ります。
その時、自分のはいてる靴の裏も消毒してぱーくを出ます。

犬舎に配置された方にしてみれば、倉庫は楽な仕事だと思われたのかもしれません。
辛くても笑顔を心がけようと思っているので、へらへらして楽そうだと思われたかもしれません。

きつい匂いの中での仕事、ビニール製のカッパを着て、バリケンを掃除する為に体を奥まで突っ込んで汗だくで掃除してくださっている方には本当に頭が下がります。
心から感謝しています。

ぱーくの犬と安心してたっぷり触れ合うために、汗だくでも上下ビニールカッパを着てると言う方のブログを読んだ時には、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

私自身、26日初めて犬舎に入った時、涙が出ました。
「本当に辛いのは犬達なのだから、自分が泣いてもしょうがない、やっと犬舎に入れたばっかりなのに、まだ何も解決してないのに、全国にはまだ、誰にも気づかれずケージで一生を終える犬が山ほど居るのに、こんなに打たれ弱くてどうする!」と思い、何度も涙を引っ込めようと思いましたが、視界は潤んだままでした。

最初に言われた仕事が犬の頭数を数える事だったのですが、あまりのショックに数すら数えられなくなって、何度も途中まで数えては分からなくなり、何度も同じところをぐるぐる回り、最初に数えた数が26頭、次が60頭、他の方に「ショックで混乱して数が数えられないから一緒に数えてください」とお願いして、最終的に55頭でした。

その中でのお仕事は、体力的にだけでなく、精神的にもとても辛い仕事だと思います。
そして、日々増えていく犬の笑顔を見る瞬間はとてもうれしい瞬間だと思います。

ぱーくにお手伝いに来て下さって本当にありがとうございます!!!!

ですが、物資の仕事も、重労働です。
長靴に入れていたズボンの裾は汗でびしょびしょ。
靴下は濡れ、帰って見ると、足はふやけていました。

そして、どの仕事がかけても、順調には回っていかない。
どの仕事も大切な仕事です。

犬舎に配属されてない人に、「消毒消毒」言われても伝わらないとは思わないでください。
物資の仕事してる方が、犬達の様子に心を痛めていないとは思わないでください。


過去に、犬同士が直接触れ合ったわけでもないのに、間接的に感染し、子犬がパルボにかかって死んだ話を聞きました。
1頭のケンネルコフを持った犬を連れ帰ったことにより、その家の犬にもケンネルコフがうつった話を聞きました。

私が、ぱーくに近づかなければ、見て見ぬふりをすれば、解決する問題ではありません。
そして、本来消毒は自己責任で用意するべきだとの意見もあるとは思いますが、消毒の重要性を知っていながら、自分だけが徹底して、他の方に知らせないのは、とても無責任な行為だと思っているので、ブログで呼びかけさせてもらいました。

きつい匂いと糞尿の中、犬のためだけを思い、頑張ってくださってる方にこそ、消毒の重要性を分かってほしい。
犬のため駆けつけて下さった方の犬に何かがうつって、悲しい思いをする飼い主さんが一人でも出る事があってはいけない。
そして、ぱーくの病気を持っていないはずの犬が、なにかに感染する事も、あってはならない。
と思い、以前から消毒の徹底を呼びかけてきました。

私の文章の書き方や、他の件で不快感を与えてしまったならあやまりますが、消毒の重要性については、いくら批判されても譲るつもりはありません。

今、パークで確認されている病気です。
かいせんジアルジア
(犬さん、ジアルジアがあったの忘れていました。ありがとうございます!)
消毒を怠っていいものかどうか、ご自分で判断してみてください。


かいせんの予防法教えていただきました!
(kukkaさんありがとうございます!)

ヒゼンダニが人の皮膚を介して移ることを疥癬といいます。

予防
①施設を出るときに、ガウンや手袋を外し
 処分もしくはビニール袋に密封。
②硫黄剤での手指の消毒(肘くらいまでしっかりと)
③着替え。

治療
硫黄剤、 安息香酸ベンジル、クロタミトン(除:ステロイド剤含有)

熱に弱いので煮沸できるものは50度以上のお湯で10分以上。
そうでないものは、密封したビニールにいれて
日光消毒するとよいとのことでした。


それと、コメント欄の、今日は通りすがりの犬 さんのコメントを呼んでみてください。
すごく重要な事が書いてあると思います。
部分的に抜き出してしまうと、伝わらない可能性があるので、コピーはしないことにします。
(通りすがりの犬さんありがとうございました!)


私のブログで、こう言う具体的な対処法と呼びかけに関して、至らなかった事、反省しています。
消毒消毒と言われても、具体的な話をださなければ、伝わらない場合もありますよね。


手袋の件に関しては、完全に私の認識不足でした。
(ニタコさんありがとうございました!)

手袋が守っているのは、人間の皮膚だそうです。
そして、手袋をした手で、病気の犬を触り、消毒せずに他の犬を触っては、何の意味も無いそうです。
確かにそうです。

私は、手袋をしないと、爪などに菌が入った場合、落としにくいのではと思い、素手で犬を触らないでと書きました。
犬の為。。犬の為。。といいながら、手袋に関しては、人間の安全ばかり考えていました。
すみません。



ミッションの車は、私はオートマ免許しかないので運転できません。
ミッションを運転できる方が、午後から現れ助手席に同乗して荷物の積み下ろしを一緒にしました。

言葉ではなかなか伝わりきらない、実物を見ても下に降りてそれを伝えるのはとても難しい、足りない物資の依頼、何度もダメ出しが出て、そのまま引き返しました。

車がミッションだと書いたのは、知らずに倉庫に行って、だれも運転できる方が居ないと、この行動の繰り返しはすごく大変だと思ったので書きました。



今回の件で、私の事をかばってくれた皆様。
具体的な対策を提案してくださった方々。
本当にありがとうございました!

すごくうれしかったし、勉強にもなりました!



そして、私にあのブログの存在を教えてくださったえりさん。
あやまらないでください。
あのブログにはすごく大切な情報が書かれていました。
消毒せずにぱーくを後にされる方がいらっしゃるとは知らなかったので、本当にびっくりしました。

HPを見ずにブログだけ見て、無断転写禁止ではないと一部だけを持ち帰ったのは、完全に私のミスです。

あの後、お友達が私のブログを見られているようで、メールが来て、無断転写やめてくださいと言われたので、文章を変更しました。
 
感染症の怖さはすごく伝えたかったので、何度もリンクしようか考えましたが、私には、あの文章はすこしボラの方々を批判しているようにも感じ取れ、メールを交わした結果、お互いのためにリンクはしませんでした。


その時、私が感情的に、犬を飼ってない方も来て下さってるのだから「ポピュラーな犬種もしらないで」と思わないでほしい、ぱーくに来て下さってるボラの方をばかにするような発言はやめてほしいと思う、消毒の大切さを知っていながら内輪だけで「行かないほうがいい」なんて言うのは、消毒せずにパークを後にする事とかわりないと思う。
と、その他失礼極まりない、感情的な返信をしたので、怒らせてしまったのではないかと思います。

そして、今日の記事を読んで、私も同じように消毒の大切さを呼びかけているつもりですと、またメールしてしまいました。

今まで、ボラの事で感情的になる事は絶対いけないと思っていたのに、もしかしたら私も疲れているのかもしれません。
毎日、「元の普通の犬日記に戻りたい。子犬の里親も探さなきゃ。でも、アクセス数が増えていろんな人が見てるだろうからちょっと怖い。」と思いながら、ブログを更新していました。
結果、えりさんにも悲しい思いをさせてしまって、すみませんでした。
私の安易な判断が招いたことなので、私の責任です。
本当に気にしないでくださいね。




おとめ母ちゃん様。

HNからたどり、ブログと、私のブログを紹介された方に対して書かれたコメントを見させていただきました。
私の消毒に関する考えを、「うんこまみれのバリケンを洗った事のない人の、机上の空論」と思われているようなので、どうしても分かって頂きたくメールしたかったのですが、おとめ母ちゃんさんの所にも私のブログを紹介された方の所にもアドレスが見当たらなかったので、ここで書かせてもらいます。

私が引用してきた文章は、実際にボラに行って、犬舎担当になった方のお友達の感想です。
私は、消毒液をくばって周りはしましたが、その後はずっと倉庫だったので、中での消毒事情は知りません。
実際に、バリケンを掃除した方の感想なのです。
ですから「うんこまみれのバリケンを洗った事のない人の、机上の空論」では決してありません。

そして、それを見た方・聞いた方は、「もう行かないほうがいい」と思われたそうです。
消毒にルーズでいれば、感染症に詳しい人はボラから離れていってしまうと言う事です。

考える前にまず行動、と言いますが、感情だけで動いてはいけない場合があります。
それは、その尻拭いを自分以外の人や犬がさせられる事になる場合です。

そして、万が一、感染が広がった場合、批判の対象になり、責任を求められる可能性があるのは、私やおとめ母ちゃんさんではありません。
今寝る間も惜しんで頑張ってくださっている、アークエンジェルズさんなのです。


今まで、する必要のない辛い思いをしてきた犬達、これ以上苦しませたくないと思います。

そして、私の所にも何通か、病気が心配だとメールを頂きます。
実際行ったからからも、そう言うお話を聞きました。

ここで、正しい対処法と消毒の徹底を取り入れることによって、皆さんが安心してお手伝いしてくださる環境が出来るのではないかと思います。

私には、ボラ参加希望の方へ、準備するものや消毒について気をつけてほしいと返信する事と、消毒液を配る事しか出来ませんが、消毒の徹底を受け入れていただけるとうれしいです。
明日行くので、アークエンジェルズさんの許可がいただければ、熱湯消毒が有効である事、書いて貼りだしたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
皆さんの声・・・
有り難いと思います・・・
私も、初めはどうしようかな、、、と思った一人です

感染ことも、獣医さんに良く聞きました
でも、今はそれど頃では無いと言うのが、現状でした(過去形)

今は、特に今日は、色々とご指導頂き、徹底されてきたと
思います、「見学」の方は以前、ワンちゃんに触らないで!と
強く言ってはいませんが、今は指示をしておられます
やはり、触ると、もし、、、人が持っている菌をわんちゃんに
移す可能性も出てくるわけですから・・・

本当にパークに行くと、勉強になる事ばかりですね!

誹謗中傷は様々、でも、みんな~ワンの事ボラスタッフの事を
思っての事、こんなにワンちゃんの事で、輪になった事が
今まであっただろうか~~!本当に素晴らしいです~!

皆さんの温かい言葉、励まし、背負ってボラの皆さんは
頑張っています、応援宜しくお願い致します!
2006/10/08(日) 22:31:26 | URL | 微力のボラスタッフ! #jI5XCJ0.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/08(日) 22:34:53 | | #[ 編集]

御疲れ様です。_(_^_)_

ですね。(-"-;)
自分は現在犬飼ってないってのもあって、
先日、レスした通りの認識です。

ただ、今は出入りに消毒、受付にも消毒があって、
消毒環境に関しては随分良くなっていると思います。

ただ、手袋したまま、色々な犬に触るのですが、
マズイみたいですね・・・?汗
隔離室にいる犬を触った後、なら分かるのですが、
散歩中+外で飼われているシュナウザー?(妊娠してる、って奴です。)+
ニューファンらを同じ手袋でナデナデしています。(-"-;)

あー、明日は朝からおりますけん、
MT車は任せて下さい。w
2006/10/08(日) 22:48:26 | URL | どな #-[ 編集]

なかなかボランティアに参加できない私は、行ってくださっている方々に頭を下げるしかありません。

長くなるほど、また疲れが出るほど、いろんな意見も出てくるとは思いますが、どうかワンちゃんのためによろしくお願いします。
ワンちゃんのレスキューなのに、嫌な思いをする人が出ませんように。
みんな思いは一つです。

tamaminさんも、お疲れなのに、ブログの更新ありがとうございます。
いろいろ言葉の誤解もあり、嫌な思いをされてる事もおありかと思いますが、みんなワンちゃんの事を一番に思ってのことだと受け止めてください。
パークの状況を知るのにとても頼りにしています。
でも、あまり無理をなさらないで下さいね。
2006/10/08(日) 22:50:50 | URL | きゃらめるママ #FSWxS8aY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/08(日) 23:17:44 | | #[ 編集]

疲れがたまったりかわいさ余って視野が狭くなったり。うふふ 私もそうです。でもね 本当に真剣に取り組むからこそ食い違いますね。そこまで 真剣にかんがえてやってありがとうございます。最近 ふと
倉庫やゴミ収集には人手が回りにくいんだなってね。だって 私もそうですが犬を何とかしてあげたいと思うことで裏方を忘れてました。ものの整理確認をしてもらうことで流れが滞らなく進みますものね。
あー って言いながらわんこにさわりたい。隔離のこたちもだっこされたいと思っています。消毒は必要ですね。いろいろな不安を取り除く上でもね。
2006/10/08(日) 23:20:37 | URL | すずまま #-[ 編集]

お疲れ様です。
純粋に犬の事を考えてまっすぐな気持ちなのがいつもひしひしと伝わってきます。
 誤解は全て解けるわけではないので気にせず、犬達のためになる事を頑張ってください。貴方のそのひたむきな姿のみが、全ての答えなので、ココだけはというのを言い続けて、犬達のためだけにひたむきになられたら良いと思います。
 人は気にせず、犬達の事だけ気を使ってください。何がおきてるか、何があったか、犬達はどうだったか、それだけで十分です。

 勝手ながらつきなみですいませんが、心身ともにお大事にして頑張ってください。
 
 
2006/10/08(日) 23:26:26 | URL | グレ母 #AsFlFhFA[ 編集]

遠方の為、現場に行けず、他の形の援助しか出来てないので
日々、体を張ってボランティアして下さっている皆さんには
本当に、感謝しています。

たまみんさん、私も現場の様子やワンコ達の現状を知る上で
このブログをすごく、頼りにしています。
たまみんさんの文章、伝えたい事も、とてもわかり易いです。
ワンコ達への愛情も、ボラの仲間への思いやりも伝わってきます。
体にだけは、本当に気をつけて、頑張って下さい。
私も、なるべく近い内に、ボラに参加できるよう
予定を調整していこうと思っています。
2006/10/08(日) 23:29:34 | URL | ミニア #lLXhS7V6[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/08(日) 23:35:22 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/09(月) 00:18:59 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/09(月) 00:23:10 | | #[ 編集]

たまみんさん、いつもお疲れ様です。

今日はじめてボラに参加させてもらいました。
私はたまみんさんのこのブログを見て色々勉強し参加してみよう!と思った者です。
本当に参加して良かった、また行こう!と心から思っています。

私達ボラは全員じゃないですけどプロで指導が出来るほどじゃないですよね。
その中でたくさんの情報を集めて下さるたまみんさんには本当に感謝してるんです。
私のように一人で参加されている方もたくさんいらっしゃって、やっぱり私と同じようにこのブログを見て準備してきたよって言ってました。
たくさんの方々の知恵で良いパーク環境になればいいなって心から願っています。

子供と一緒でワン達は人の心を読めるみたいですよね。人の心の動きには敏感なんだと私も犬を買ってるからよく思います。
だから笑顔でボラをこれからも頑張って行きたいと思いました!
今までは癒しを求められて頑張ってきたワンの為に、今こんな時だからこそ私達がワンの癒しになりたいですね。ワンに心配かけさせないように皆さん頑張りましょうね!

若輩者ですが宜しくお願い致します。

2006/10/09(月) 00:26:42 | URL | ひろ犬♪ #-[ 編集]

はじめまして。
毎日ボラ活動ご苦労様です。
そして毎日ブログでのご報告ありがとうございます。
遠方及び諸事情の為、現地へ赴く事の出来ない私にとって、ワンコたちの現状を知る貴重な情報が沢山で感謝しています。

それから先日より、意見の食い違いや行き違い、誤解などにより色々のやりとりがあり、本当に心身共にお疲れではないかとご心配しています。
多分、現地で御人力尽くしてくださっている皆さん疲れが溜まってきているのだなと思い拝見していました。

私の考えではありますが、消毒殺菌については、ワンコたちの為にも自分達の為にも十分行う方が良いように思います。きっとパーク内では皆さん気を付けていらっしゃるでしょう。ただ、パークを出たあと、公衆浴場へ寄って帰られたり、コインランドリーなどを利用して使用後の衣類(カッパなども含む)を洗濯されるという方がいらっしゃるようですが、正直恐いなと思いました。
同じように思われる方もいらっしゃると思います。
では、なぜ恐いのか?
本当にそれがして良い事なのか?避けるべき事なのか?分からないからです。
実際上記に記したような行動を取られている方も悪気があっての事ではないはずです。それに、その事で感染が広がったりしなければ一概に批判の対象ではなくなりますよね?

だから私は思いました。獣医や保健衛生について正しい知識を持つ方にどの方法がみんな(ワンも人も)を守る為に良いのか?逆にしてはいけない事は何なのか?を事務所に貼るとか、A.AさんのHP(もしくはブログ)に告知するという事も大事なんじゃないかなと。
沢山のボラさんの中、意見をまとめるのは大変な事だと思います。だから、まとめるのではなく最低限守らなければならない正しい事を告知する方法を考えられてはいかがでしょうか?
そうすれば、ボラさん同士の個人的な衝突も減るだろうし、有ってほしくは無いですが、もしこの先小規模であろうとレスキュー活動が有った時に役立つのではないかと思いました。

ボラ活動に参加もせず偉そうにすみません。でも、私はtamaminさんが好きで応援していますので、小さな争いからボラ活動をお辞めになる事だけは避けて欲しいのです。
笑顔で居る事、とても大事で難しい事だと思います。でもとても素敵な心がけだし、ヘラヘラしてるなんて思われてもドンドン笑顔で邁進してください!!(少々の事も笑ってやり過ごしましょう!!)

ホントにホントに頑張って!
影ながら応援してますよ<0( ̄^ ̄)0>
頑張ろう!みんなで・・・ねっ。
2006/10/09(月) 01:04:34 | URL | aji #-[ 編集]
元美容師より一言
すみません、間違えて昨日に入れてしまいましたのでもう一度入れます…
元美容師より一言
感染症の怖さは、修行時代や学生時に厳しく仕込まれました。一度地面に落とした鋏や櫛は消毒せずに使ってはいけない。手に切り傷等ができた場合就業してはいけない。感染症のお客様を施術した場合はアルコールや逆性石鹸で消毒してから次客にかかることとか…  
ブログ主様の言いたいことおわかりですか?
院内感染みたいなことになってしまうんです。
医者はゴム手してて安全ですけど患者は怖いですよね。
薬を塗ってくれる手に細菌が着いているなんて…
そういうことです。

あと、ミュールうんぬんの件ですが…
もし、そういうことを一日したら脚なんてしんじらんないくらいむくむということでしょう?
大変ですよね~?

今は私には何もできないです、それが涙が出るくらい悔しい!
後半月お待ちくださいませ!
貧乏人ゆえそちらには行けませんが微力ながら添えさせていただきます
2006/10/09(月) 01:06:29 | URL | 群馬のけいこ #vXeIqmFk[ 編集]

すみません↑で肝心な部分が抜けてました。
専門家に正しい事を聞いて事務所に貼り出すなどの告知をしてはどうか?という事です。

初書き込みでお恥ずかしい・・・。
2006/10/09(月) 01:14:18 | URL | aji #-[ 編集]
的はずれかもしれません^^;
はじめまして。土曜日にボランティアに初参加させていただきました。こちらのブログを読んでから行ったので、殺菌なども気を付けることができました。ありがとうございました<(_ _)>ボランティア登録後の確認メール等に殺菌の重要性や二次感染の恐ろしさや注意事項等の説明が書いてあれば、いいのじゃないかな、と思いました。
それから一つ気になったのですが、犬たちを散歩させる時に使うブラシが使いまわしでしたが、そのブラシから皮膚病が犬同士で移し合うようなことは、ないのでしょうか?

2006/10/09(月) 02:01:01 | URL | よねぞ~ #-[ 編集]

tamaminさん、こんにちは。
p(´∇`)q ファイトォです♪

tamaminさんは、メディアやアークエンジェルズさんが動き出すよりも前からドッグパークの事を知り、心を痛め動いていらしたのを知ってます。

他の方もブログからも、tamaminさんが
ドッグパーク側を刺激せずに、ワン達を第一優先に考え必死にどうしようかを悩んでいらしたのも、分かりました。

そういった中で、しなこさんとも
出会われたんですよね?

疲れて、当然だと思います。
メディアというフィルターを通して知っているだけでも
「なんで?どうして?」という思いが尽きません。

ボラに行かれた方のブログで
現場に少しでも笑顔があった事が
救いだと書いてあるのを見かけました。

帰られるボラの方にありがとうの一声をかけたり、
必死に他の方やワン達を守ろうとし、
ボラの方達の行動を無駄にしないための
近隣への配慮とかで消毒を呼びかけたり
tamaminさんの行動は、グッジョブ!です♪

私も、長く支援を続けて行きますね!

---

おとめ母ちゃんさんのコメントも、
しなこさんのHPの中で拝見しました。
しなこさんや、現状のドッグパークを気にかけ、だいぶ心を痛めているんだと感じて、印象に残ってたので、こちらでのコメントを見て、少しびっくりしました。

「熱くなってたよね~」と話せるような
状況に、早くしたいですね。
その時には、ワンコ達も、みんな暖かい家で
眠れているんだと思います。
2006/10/09(月) 10:13:40 | URL | mileo #8LQjXx/M[ 編集]

tamaminさん、ボラお疲れ様です。
作業だけでも大変お疲れなのに、こうやって
ブログを更新してくださって、私はとっても感謝
しています。私は支援金しか送れず、恥ずかしい
くらいです。
そして、応援しています!
ここを訪れる多くの方はtamaminさんを心から
応援しているはずです。
きちんと読めば、批判などできません。
でも、同じ目的があるのですから相手を思いやりながら読むようにしています。
どうか、これからも体に気をつけながら、続けて
下さいね!
がんばろう!みんなで!
2006/10/09(月) 11:20:13 | URL | バロン #-[ 編集]
7日に行ってきました
三連休の初日だあったからでしょうか、ボランティアの方が多かったですね。
私もここで消毒の必要性を教えていただけたので、準備万端整えて、うちの室内飼いの子のことも考えていくことができました。
その時に感じたのは、まるでリゾートにでも出かけるような装いでお世話してるボラの方がいたことです。それから見学者も多かったのですが、消毒もせずに帰って行く家族連れを見ました。
どれくらいの人が感染について深刻に考えているのでしょうか?それは不安に感じました。
tamaminさん、いろんな意見があるかもしれませんが気にしないでください。私はとても感謝しています。正しい情報をいただけたので、安心してボラに参加できたのです。
誹謗中傷することは簡単かもしれません。でも、一所懸命やっているtamaminさんのような人に対してすることはないでしょうにね。
私もできる限りボラに参加したり、送金していくつもりです。頑張ってくださいね。
2006/10/09(月) 12:57:38 | URL | てんま #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/09(月) 17:06:38 | | #[ 編集]

一昨日は通りすがりの犬でした。今日は、
昨日ドッグぱーくで散歩してきた犬です。
もとい、昨日ボランティアのお手伝いをしてきました。

たまみんさん…、下からの物資支援という事は
ぱーくのゲート外の物資倉庫から、ゲート内の
物資倉庫へ物資を運ぶお手伝いをされたのですね。
軟弱な犬はあの坂を一度登って息が切れました。
何度も往復されれば足がパンパンになるのも
無理ないです。
ぱーくが開園されていた頃はあの坂を送迎用の
マイクロバスが走っていたと聞きました。
物資ボラさんのおかげで、昨日は物資が豊富で
楽でした。ありがとうございました。

知らない方のために補足しますと、第一のゲートを
くぐるとすぐに昔のパーキングと受付?、反対側に
大量の物資倉庫があります。
実際のぱーくはそこからきつい坂を登った上にあります。
第二ゲートはアークエンジェルズのHPや現地に
行った方のブログなどによく掲載されている黄色で
犬の絵のついているものです。
この第二ゲートの前に駐車することができます。
昨日は人が多く、9時前に到着した時、既に
場所がありませんでした。

おとめ母ちゃんさん…あのバリケンに頭を
突っ込んでおられたのですね。
犬も突っ込んできました。
既に支援物資のバリケンに変えられていましたが、
それでも下痢Pの子のは少々ニオイました。
ボランティア開始時にはどれほど大変だったか
しのばれます。
犬たち初ボラーズのために道を作って下さって
ありがとうございました。

感染の件について、専門家ではないですが
生意気ながら再度書かせていただきます。
注意しなければいけない経路は3つあると思います。

1・ぱーくの犬→人間
2・人間の飼っている犬⇔ぱーくの犬
3・ぱーくの犬⇔ぱーくの犬

1の「ぱーくの犬→人間」で警戒しないと
いけないのが前にあげた人畜共通感染症、
こちらは周囲への汚染を
(公衆浴場・喫茶店・コインランドリーなど)
心配される声があるようです。
現在、ぱーくで確認されているのが疥癬と
ジアルジアということなので、人間への影響に
ついて書いてある公共のサイトをご紹介します。

疥癬・
国立感染症研究所 感染症情報センタートピックスバックナンバー
http://idsc.nih.go.jp/iasr/22/260/tpc260-j.html

ジアルジア・
財団法人 島根県環境保健公社 クリプトスポリジウム・ジアルジア(寄生性原虫症)について
http://www.kanhokou.or.jp/yomimono/crypto/crypto.htm

ポイントをまとめますと、犬につく疥癬は人間に
感染するが寄生はしないようです。
(この件はしなこさんのブログの10月2日の記事に
10月3日に「平山です」さんもコメントされておられます)

ジアルジアは土壌・水中に普遍的にいる微生物で
種類(株が何種類かあるそうです)によっては
人畜共通の宿主になりうるようなのですが、
詳しいことはわかっていないようです。

こちらも同じく「平山です」さんが書かれていたのですが、
しかしながら現場ではバリケンを洗うと「素手でウンチを掴む」
のに近い状態になるのです…。
(気をつけていても水が手袋の隙間から侵入する
ことがあるので)

ですので、ぱーくのボランティアさんへの感染や
周囲環境を汚染することについては、
素手のボラさんはできるだけしょっちゅう手を洗う、
手袋・雨合羽を着用する、そうでない人は
ぱーくで着た服は着替えてお店に入るという事で
避けられるのではないでしょうか。
菌・ウィルス・寄生虫は感染・寄生できる宿主が
違いますので、症状が出ても集団感染を起こす等の心配はほとんどないと思います。

犬も五日市の公衆浴場を利用したのですが、
洗い場のすぐ近くに排水溝があり、髪や体を
洗う時に水を跳ね散らかしたりしなければ
問題はないのではと感じました。
コインランドリーを使う時も洗濯と濯ぎで二度
水を流しますし、温風と熱湯は違うと思いますが
乾燥機も使ったりするなら、こちらもそれほど
心配しなくてよいように思います。

2の「人間の飼っている犬⇔ぱーくの犬」ですが
こちらは感染・寄生をうける菌や寄生虫が同じ
なので、ぱーくに行った人間の手・衣服・靴に
付着した、犬の糞尿(及びその中の菌や虫卵)・
毛・皮膚の剥片が感染源になります。
これらの予防はたまみんさんのブログや
広島ドッグパーク関係の各サイトで散々書かれてますので
改めて書く必要はないですね(笑)

3の「ぱーくの犬同士」の件は看護士のニタコさんや
美容師のけいこさんの書かれた通りですね。
さすがプロ!
しかし、収容頭数の多い棟では、犬をバリケンから
出して糞尿まみれの新聞紙とシーツを変えると
いうことを続けると、つい次から次へ作業してしまいます。
1頭1頭手を水洗いするのは確実ですが手間がかかるので
収容棟の中に消毒薬のスプレーがおいてあれば、
とりあえず手(手袋)を消毒するというので防げると思います。

昨日の午後の段階でA棟の方には消毒薬のスプレーが
置かれるようになっていました。
B棟はすぐ隣にトイレがあって手洗いできますしね。

消毒についての意識もリーダーさん、ボランティアさん共に
ずいぶん高くなっているようです。
犬の収容場所に入る時も足用の消毒液ができていました。

よねぞ~さんのおっしゃるブラシは犬も少し気になりました。
日光に当てようかなと思ったのですが、時間がありませんでした。
でも、最近シャンプーしている犬が多いので、
あまり気にしなくてもいいかもしれませんよ。
犬舎から、長く洗っていない犬独特の匂いはしませんでした。
つくづく最初のスタッフさん、ボランティアさんの苦労がしのばれます。

収容頭数の少ない棟では、リーダーさんの指示で、
1頭1頭犬用ウェットタオルで体を拭きました。
犬舎のお掃除も頻繁にされていましたし、
昨日はぱーく内の草抜きもされていました。
衛生状態は一日ごとに良くなっているようです。
明日はきっともっといい日になるはず。
(あっ、でも平日だからボラさんが減るか…)

問題や誤解のあるような内容でしたら削除をお願いします。
いつも長いコメントで失礼いたしました。
2006/10/09(月) 21:01:35 | URL | 今日は散歩してきた犬 #mQop/nM.[ 編集]

tamaminさん、はじめまして。
こちらで勉強させていただき、昨日今日と、足が痛くなったら帰るというお気楽ボラですが参加させていただきました。今日から散歩時のうんpiのあとにも消毒液をかけるようになってましたね。その入れ物がワン用食器だったので視線を送ってくるわんこ達に「ごめんね~ご飯はいってないのよ~」と言い訳しつつ行ったり来たりしました。(消毒は場所を覚えていて、わんこを戻してからしに行くのです。)
ブラシをかけるとごつごつした骨の当たる感触しかしなかったけど、ぐいぐいリードをひっぱる歩き、マーキングに余念のない様子に生きる力を感じてうれしかったです。
次に行く時は、みんなもっと元気になっているんだろうなぁ。
2006/10/09(月) 22:55:04 | URL | ゆず #gfHGKGfg[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tamamin515.blog64.fc2.com/tb.php/218-9cf53a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。