★いちごいちえ★

いちごともっか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月、広島県愛護センターに見学に行きました。
レポートを書いたのを、所長さんに掲載許可を頂いたので、載せます。


愛護センターに行ってきました。

別件で行ったんだけど、中も見学させてもらいました。

「ショックを受けますよ」と言われました。
私は、「ショックを受けなきゃいけないと思うんです」と言いました。

ショックは、受けませんでした。
26日に見た、パークの光景のほうが何倍もショックだった。
ぱーくの犬達には、これから希望が待ってる。
センターの子には希望は針の穴ほど。
分かってるけど、ぱーくの方がひどいと思った。


けど、静かに、じわじわと、ゆっくり、私の中に入ってきて、そして時間が経つほど鮮明に浮かぶ、あの目。

200611061733000.jpg

彼らは生きている。
生きているけれど。。。。
諦めているの?

200611061734000.jpg


1匹が、私をじっと見た。

目に光が無い。
顔に表情が無い。

こんな例えしか思い浮かばなかったんだけど、化粧で例えると、「目にマット感がある」そんな感じ。
水彩絵の具で黒を塗っただけみたいな目。
なにか、目と私の間に、すりガラスがあるような。。。

動物は、テレパシーで話すと言う。
だとしたら、さっきまで隣の犬舎に居た仲間が、今どうなってるか、どんなに苦しんでるか、分かってるんじゃないかと思った。
見えなくても、感じてるんじゃないかと思った。

だって、おかしいじゃん。
普通あれだけ犬が集まって、広い柵に入ったら、犬同士遊んだりするんじゃないの?
はしゃいでる犬は、1匹も居なかった。
絶対分かってるんだ。
彼らは、何も分からず死んで行くんじゃないよ。
自分に迫ってる現実と向き合いながら、心のどこかで飼い主を待ちわびながら過ごしてるはずだよ。

小刻みに震えている子も居た。
「いい子だね~」って何度か言ったら、何匹か振り向いた。
けど、自分が発した言葉が、すごく薄っぺらく感じた。

200611061736000.jpg

↑この子は、誰かを噛んだ子。

見学してる最中、「感情」って物がなにも浮かばなかった。
見学しながら自分が何を考えてるのか、よく分からなかった。
書いてることは、センターを出てから頭の中でまとめたこと。
見学中、自分はずっと震えてた気がする。
この写真が、彼らの最後の写真撮影になるんだ、とは思った。

彼らは、同情も哀れみも求めてはいない。
私が見学しながらうろたえたって、もし泣いたとしたって、人間代表で謝ったとしたって、そんなのは必要ない。
「ずっと大事にするよ、一緒に帰ろう」って言葉と愛だけ求めてるんじゃないかと思う。




所長さんについていって、立ち止まった所。
私のすぐ右に、処分される箱があった。
天井に、ガスが出る装置があった。

自分が今たっている場所は、犬や猫が最期に通る道。

写真を撮ろうかと思ったけど、勇気が出なかった。
ただ、怖かった。

「この中で、15分後生き残った子が居たらどうするんですか?」って聞いたら、「小さい子は生き残りやすいから、別に分けるんです」と言われていて、小さい子用の箱を見せてくださった。

中をあけたら「にゃぁ」って声がした気がして、のぞいたら、手のひらに十分乗るサイズの子猫。
白くて、背中に水玉模様がある子猫が入っていました。

成猫も沢山いました。
捨てないで欲しい。
増やさないで欲しいよ。

ケージに子犬も入ってました。
ほとんどが白い子犬で、これもまた手のひらに乗るくらいの子犬が居た。
小さく垂れた耳や、ちょっと困ったような戸惑った瞳がいちごの子犬時代に似ていて、一瞬で情がわいた。
200611061738000.jpg

↑小さすぎて譲渡対象にならない子達。

その子達は、小さすぎて譲渡対象にならないんだよ。
まだ、乳飲み子で、飼い主に見放されたら生きていけない月齢。
200611061735000.jpg


↑ここは、譲渡対象になるこの部屋。
生後2ヶ月位からの子が、譲渡対象になるそうです。

犬を譲渡してもらうには、1時間ほどの譲渡講習に参加してもらいます。
毎週水曜日・第三日曜日、午前10時から受けつけ、10:30から開始です。
時間厳守です。
第三日曜日は、9月は教室お休みです。


何度も何度も飲み込んだ言葉「連れて帰ります」

私は、保護活動してるなら「一度は見なきゃいけない場所だ」と思ったけど、一度じゃだめな気がした。
ショックは受けてないと言ったけど、ぱーくで受けたショックとは違う形で、潮が満ちるようにじわじわと何かが私を苦しくする。
柵と目だけを何度も思い出す。

帰ってから、「職員さんは毎日こんな思いしてるんだ。」って思った。
どんなに情がわいても、愛おしいと思っても、その日が来たら「処分」しないといけないんだ。
センターに連れ込んだ人間の代わりに、あのボタンを押さないといけないんだ。
あのボタンを押す仕事、どんなに辛い仕事だろう。
心を殺さなきゃ出来ない仕事。

センターの職員さんは、よく「犬殺し」といわれるそうです。
彼らを「犬殺し」と呼んだ人たちは、何を見てるの?
ほんとは誰が殺してるの?
持ち込んだ人じゃないの?
「犬殺し」と呼ばれるべきはほんとは誰?


所長さんに、センターにペットを持ち込む飼い主の理由を聞いて、びっくりした。

・沢山餌を食べるから。
・子供を生んで初めてメスだと知ったから。
・5歳くらいの犬を連れてきて、「もう歳を取ったから」 帰りに子犬の犬舎を見て「次はこの子を飼おうか」と言う。
みんな、普通の顔して連れてくるって。

所長さんは、笑顔の下で、すごく怒っているように見えた。
飼い主に向いてない人には子犬を譲渡しないそう。
譲渡を断って、むなぐらつかまれたこともあるそう。
けど、持ち込む人には、自分達には少し嫌味を言う程度しか出来ないって言ってた。
引取りを断れない、それが仕事だからって言ってた。

悪い業者や飼い主側に、有利すぎる。
命に関わる法律。

ちょっと前に「もったいない」って言葉の重要性を見直すってTVをみた。
最近になって、犬・猫にも当てはまると思った。
命が無駄使いされてるよ。
ペットを使い捨てにしないでほしい。
せっかく生まれてきたのに、その人には必要ない命だった。
だったら、最初から産ませないでほしい。
自分に、何かを責任持って最後まで養う能力が無いなら、飼わないでほしい。
これって、そんなに難しい事ですか?

けどこれは難しいかどうかの問題じゃない。
この事に無関心な人があまりに多いのが問題なんだと思う。
沢山の人に考えて欲しいよ。
どうにかしたいと思って欲しいよ。

今は、人間すらしょうもない理由で殺されてしまう時代。
犬を。。。猫を。。。って必死で言っても笑う人も居るかもしれない。
けど、親が子供を、子供が親をって事件が珍しくなくなってしまったのは、ペットの命を平気で使い捨てする、そんな事が許されている事にも原因があるのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント

お疲れ様でした
辛すぎる現実ですよね!胸がつまる思いを噛み締めながら 読ませていただきました。
 
家族である犬たちを家族としてみられない
ぬくもりのある命を 命と思っていない
犬・猫たちからの愛情を 受け取れない
そんな人たちにも飼える・買える・という現実を
変えなければ! 変えたい!!
とても 息苦しい思いです
2006/12/12(火) 21:04:28 | URL | erumama #AxvyDEXc[ 編集]

TVとか画像で見るのとは、また違った、
見えた物があったやろね。(-"-;)

しかし、パークのより、ってのは意外やった。
そして、自分が住んでいる県のセンター、
そして、たまみんさんが行った日だけでも、
一つの部屋にこんなに居るとは思わんかった。
やっぱ、広島って定点地点が多いからかなあ?

確かにセンターに居るのは、
大抵が最近まで飼われていたのが
ほとんどだから、ぱっと見、パークのほどぢゃない、
と感じるかもね。

んでも、人知れず埋められたりとかされてるのも居るんやろな。(-"-;)

アニマルシェルター作った方が、
トータルで見ると税金を節約出来る、って
証明が出来れば、国も動く、かな・・・?(-"-;)
現実的にはどうあがいても存命させてる方が
お金かかるんかねえ?(-"-;)
2006/12/12(火) 21:29:31 | URL | どな #-[ 編集]

すごく辛かったですね。
読んでいる私もすごく辛い。
でも、目を背けちゃいけない現実なんですよね。
一人でも多くの人に現実を知ってもらいたい。
命を使い捨てにして何とも思わない人間、いったいどんな人なんだろう?
その人の親は、どんなふうにその人を育てたのかな?
大事な税金を、命を救うためでなくて、殺すために使うなんて、、、。
センターで処分される命が無くなるために、何かしたいと思うけど、どうしたらいいのかが分からない自分の無力さが情けないです。
2006/12/12(火) 22:46:04 | URL | はるな #-[ 編集]

辛いところへよくぞ行ってくれました 心穏やかではいられないよね 増やさない 増やさせない事を頑張ろうね 
2006/12/13(水) 00:14:47 | URL | すずまま #-[ 編集]

はじめて書き込みさせていただきます。
大阪在住の結ママと申します。
ドッグパークの件を初めて知って以来、何度もこちらを読み逃げさせていただいてました。(ゴメンナサイ)
『一期一会』という言葉が大好きなもので。。

tamaminさん、本当に勇気のある方なんですね。
よく、見学してきてくださいました。
私は先月、ちょっと用事があって市の動物支援センターに行ってきましたが、いく前には「見学したい」という気持ちがあったのに、言うことができませんでした。


パークのことで、ずっと疑問に思っていることがあります。メールさせていただいてもよろしいですか?
2006/12/13(水) 00:28:31 | URL | 結ママ #pbNVw1/c[ 編集]

初めて書き込みします。
ドックパークを知ってから、こちらへもチョクチョク覗かせて頂いていました。
愛護センターへ行かれたんですね。
文章を読んでいて涙が止まりませんでした。
どうにかならないのか・・・どうしたらいいのか・・・
もう胸がはちきれそうです。
無責任な飼い主に対しての怒り!
愛護センターは先住犬が居ると譲渡してくれないそうですね、その辺も何とかならないものでしょうか?
国として、人間とペットのあり方をもっと真剣に考えて欲しいです。
乱文で申し訳ありません。 書かずにはいられなかったから…
2006/12/13(水) 10:03:46 | URL | mika #CjlWd7YA[ 編集]

erumamaさん。

センターの犬達は、本当に目の色がじぶんの家の犬とは全然違って、心に焼きつきました。

震えて写真もぶれまくりです。

この事を、多くの人に知って欲しいです。
2006/12/14(木) 00:01:36 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]

どなさん。

ぱーくの方がショックに感じたのは、ぱーくの犬達の状態があまりに悲惨だったからだとおもう。

犬舎は、吐きそうなにおいで、犬は汚れすぎて種類も分からない、ず~っと吼えてる。

なんか、野良犬よりも痩せているってあの様子がショックだったんよね。

センターの犬は、見た目は綺麗で、つい最近まで人間に飼われてた様子がわかったよ。

けど、つい最近まで飼われてたこが、手のひら返したように捨てられてしまうのも、人間って怖いとおもった。

手前に居るのは、飼い犬で、奥にいるのは野良犬なんだって。
飼い犬、いっぱいいるよね。
2006/12/14(木) 00:05:22 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]

はるなさん。

見学中は、ただもう何がなんだかわからないような状態で、軽くパニックでした。

沢山の人に知ってもらって、考えて欲しいです!

命を使い捨てにするところを、子供に見せてしまったら、将来自分が人を頼らなきゃ生きていけなくなったとき、子供に捨てられそうな気がする。

友達と話すとき、こんな子達が居るんだよって、話すだけでも、何かが変わるかもしれませんよ~!
2006/12/14(木) 00:11:48 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]

すずままさん。

センターにいったのは、偶然誘っていただいたからだけど、見学して、広島のセンターの事みなさんに知ってもらう事が出来て、よかったと思ってます。
2006/12/14(木) 00:16:10 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]

結ママさん。

メールいただいたのに、あまりお役に立てずすみません。

いつも、読みに来て頂いてありがとうございます!
私も、「一期一会」って言葉すきです!

けど、センターの子との出会いも一期一会で、これはあってはいけない事だと感じました。

2006/12/14(木) 00:18:43 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]

mikaさん。

センターの方も、譲渡に関しては、よりよい方法があればと試行錯誤されてるようでした。

センターの中には、老犬も居て、すごく長い時間を一緒にすごしてきた犬の最後として、センターでの死を選んだ飼い主には信じられない気持ちでいっぱいです。

私が行った日には、野良より、飼われてた子達のほうが多いように感じました。
2006/12/14(木) 00:23:41 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/14(木) 11:16:43 | | #[ 編集]

2006/12/14(木) 11:16:43の鍵コメさん。

中には「愛護せんたー」って名前だから、犬を助けてくれる場所だと思ってる人もいたりして、職員さんも助ける努力はしてるけど、数が多すぎてほとんどが助からないこと、もっと知ってもらわないといけないと思いました。

1箇所しかTVの許可しなかったのは、今までそう言う放送で、勘違いした苦情が殺到して、それに疲れてしまったのかな?って思いました。
「処分」したくてやってるわけじゃないし、殺してるのは連れ込んだ飼い主なのにね。

たまみも、ただただ怖いという感じで、しかも自分は今子犬抱えてて、子犬数匹でも助けてあげたいと思ったけど、何にも出来んかった。

2ヶ月未満の子は、センターに連れ込まれた時点でもう生きていけないほど弱い命で、助けるのは難しいんだって。
子犬は譲渡されるって勘違いして連れてきたのか、明らかに殺意があってつれてきたのか知らないけど、2ヶ月未満の子は、飼い主に見放される=死なんだと思いました。

なんか、ほんと考えたらむかついてきて、自分の無力も悔しいです。

アニマルポリスは絶対ひつようだね!
2006/12/16(土) 00:58:54 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]
つらい・・・
ワン好きだからこそ知っておかなければならない現実かも・・・
唇を噛み締めながら読ませていただきました。

ワンが幸せに暮らせる国になれるように
まずは1人1人が命に対する姿勢を変えていかなければならないですね・・・。


2006/12/16(土) 13:26:55 | URL | 魅優 #4B33lOYw[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/22(金) 07:44:21 | | #[ 編集]

魅優さん。

「あの子達はもうこの世には居ない」と思ったら、本当にかなしくなります。

一人ひとりが、姿勢を変えていってくれたら、捨てられる子も減って、愛護センターは殺す場所じゃなくて、シェルターのような生かす場所に変わるかもしれないのに、残念です。
2006/12/26(火) 02:52:04 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]

2006/12/22(金) 07:44:21の鍵コメさん。

わんちゃん、パルボでなくされたんですね。
2匹目の子は、助かってよかったです。

こういう病気の怖さも知らない人が沢山居るので、ワクチンの大切さもわかって欲しいですね。

私は、あそこのセンターは行った事ありません。
けど、もうちょっと犬の健康管理と譲渡条件厳しくしたほうがいいんじゃないかな?と思いました。

私も、なんだか混乱してますが、もう支持できないと感じています。
考えが合わないといってしまえばそれまでだけど、姿勢にぎもんを感じます。
2006/12/26(火) 02:58:40 | URL | たまみ #ODhh62Kk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tamamin515.blog64.fc2.com/tb.php/276-e4bd9e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。